お坊さん関係費用

格安の安いお葬式を行う際でも、お葬式のセットプランの料金の中にお坊さんの費用は含まれていません。

そもそも、格安のお葬式は最低限のセットプランであるため、一般に高額である読経代や戒名料は含まれていなくて当然です。

また、一般の葬儀においてもお坊さんの費用は別枠であり、見積書に記載のないところが大半です。

これはお坊さんに支払う費用、俗にいう御布施はあくまで心付けであり、あくまでも気持ちという観点からのようですが、一般の葬儀の場合は葬儀社の方からは指定された価格を別途支払うように言われるのが通常です。

葬儀社を通して葬儀を行う場合、葬儀社とお坊さんの間ではあらかじめ価格が決められているはずなのに記載がないというのも葬儀代が不明瞭と言われている一因でしょう。

そんなお坊さん関係の費用ですが、調査に基づいた平均値というものはありますので、そちらを参考にするのがいいでしょう。

一般的に、一回お経を読んでもらうのに10万円というのがひとつの相場のようです。

したがって、通夜(1座)+葬儀(1座)+繰上初七日(1座)で合計30万円(3座)というのが目安となります。

それにお車代が1万円(距離による)、御膳料が1万円(5千円×2日分)となります。

そして、戒名をつけてもらう際には別途戒名代が掛かります。

信士・信女(浄土真宗は法名:釋〇〇)などの普通戒名で20万円くらいがひとつの目安のようです。

また戒名代は戒名の種類によって値段が変わり、居士・大姉・院号などの上位の戒名の場合はかなりのお布施を支払う必要があるようです。

一時、話題になったお坊さん便は45,000円で1座、65,000円で1座と戒名授与となっています。

お坊さん便
おぼうさん便

とにかく格安でお葬式とその他のことを済ましたい場合は火葬や1日葬などの格安葬儀とお坊さん便を組み合わせるのが1番安くお葬式をする方法のようです。

読経代

仏教において、通夜・葬儀・告別式などのお葬式や法事法要の際に、僧侶の方にお経を読んでもらったことに対する御布施(謝礼)の際に支払う金額です。
謝礼を渡す封筒の表書きとして用いることもあります。
お坊さんによってはお経料という言葉に抵抗がある方も多いために、代わりに「お布施」という言葉を用いることが良いとも言われています。

戒名料

「戒名料」とは、お坊さんに戒名を付けてもらう際にかかる料金です。
あくまで、戒名を授けてもらったことに対する「お布施」として寺院にお渡しするもので、葬儀の際の読経料などと一緒にまとめて包むことが多いようです。
「お布施」ですので、いくら包むかは施主様のお気持ちと言われますが、一般の葬儀屋でお坊さんを頼むといくら渡してくれと事前に指定されることが多いようです。
「戒名」は、もともとは出家した修行僧が、仏門に入って、厳しい戒律の世界に生きる証として、個々に与えられる名前です。
現在では、在家でも仏教徒が亡くなると、寺院の僧侶、いわゆるお坊さんによって戒名を授けてもらいます。
これは故人を浄土に導いて、成仏させるためだとと言われています。
わかりやすく簡単にいうと、あの世での名前と言うことです。
またこれは仏の弟子になるという意味合いでもあるとのことです。
なお、浄土真宗には戒律がないため、「戒名」ではなく「法名」といい、日蓮宗では「法号」が正式名称となります。

お車代

葬儀や法要の際に、斎場などまで僧侶に来てもらう場合は、お車代を渡すのが礼儀として一般的です。
お車代は実費+5,000円~1万円程度の金額が相場とのことです。
菩提寺が遠方にあり、葬儀などで遠方から来て貰う場合には当然、お車代も高くなるということです。
尚、こちらで車を手配する場合や、菩提寺で葬儀や法要を行う場合には必要ありません。

御膳料

御膳料は、葬儀や法要の時の会食を辞退された時に渡すものです。
一般に御膳料は5,000円が相場のようです。

最後に

基本的に葬儀社でお葬式をする場合は葬儀社でお布施の額やお車料は担当者から指定されますが、代々の菩提寺があり、そちらで葬儀を行う場合は事前に親族に確認しておくか、直接僧侶の方に尋ねましょう。

その際に「お布施代はおいくらですか?」と聞くと、ほとんどの僧侶の方は「お気持ちでけっこうです」と答えます。

故に、お布施の金額を確認する際には、「他のみなさんは、大体、どれくらいの金額をお布施されていますか?」と聞くのがいいでしょう。

この様に聞けば、僧侶の方も比較的答えやすいですし、後でお布施でトラブルになることもありません。

また、僧侶の世界にも階級があって、それを俗に「僧階」と言います。

「僧階」は宗派によって多少異なりますが、基本的に上から

・大僧正
・権大僧正
・中僧正
・権中僧正
・少僧正
・権少正
・大僧都
・権大僧都
・中僧都
・権中僧都
・少僧都
・権少都
・大律師
・律師
・権律師

となっています。

これは修行の年数、つまり、出家してからの年数によります。

したがって、見た目が若いからといって、僧階が低いとは限らないし、年齢が高いから僧階が高いとは限らないということです。

見た目でわかりやすいのは、着ているものを見ることです。

それは、僧階によって法衣の色が異なるからです。

一般に緋色の法衣を身につけている僧は、最高位の僧侶であることは、どの宗派でも共通していますので法衣をみてお布施の額を上下させる必要もあるようです。