法要について

法要についてはしっかりと把握している人は少ないと思いますので、以下にまとめておきます。

親族で集まる機会も近年では減っていますので、法要などで集まって、故人を偲ぶのも、いろいろな意味で有意義だと思います。

初七日

亡くなった日から数えて7日目に行う法要となります。
現在では、葬儀の当日に一緒に済ませてしまうケースが増えているようです。
葬儀当日に行わなかった際には、親族を集めて法要を行い会食をするのが通常です。
地域によっては初七日法要が異なる場合もあります。

四十九日(七七日法要・忌明け法要)

死者はあの世で、7日ごとに合計7回、生前の罪状を裁く審判があるとされています。
そのために、本来は四十九日まで7日ごとに法要を行っていましたが、近年は省略されるが多いようです。
あの世で、すべての審判が終わった後で、故人の魂は、ようやく成仏するとのことです。
そこで「忌明け」の法要を行って、遺族は今までの日常生活に戻ります。
近年では葬儀当日に初七日法要までを済ませることが多いため、四十九日は最初の大きな法要といえるでしょう。

年忌法要

定められた年の命日に行う追善供養です。
亡くなって1年目を「一周忌」、2年目を「三回忌」、その後の、七回忌(6年目)、十三回忌(12年目)、十七回忌(16年目)と、3と7の年度に行います。
三十三回忌は「年忌明け」といって、弔い上げになるのが一般的です。

法要の際の服装

一般的には、身内の方は喪服、もしくは、黒の礼服が無難と言えます。
参列者の方は黒の礼服が一般的ですが、洋服を着用するのであれば、男性は黒のスーツ、女性は落ち着いたデザインの黒のワンピースがいいでしょう。
また、女性はあまり露出の多いものは避けるべきです。

法要の流れ

法要当日までに準備すること

親戚や知人などを招いて法要をする際には、会場の手配や案内状の送付など、いろいろな準備が必要となります。
また、忌明け法要(四十九日の法要)の場合は、この日までに本位牌を用意する必要もありますし、納骨の準備もしなくてはなりません。
また形見分けなどをする際にはその準備も必要となります。

法要当日の流れ

法要当日は、僧侶の方をお招きして、読経をしていただいた後に、参列者の方々が焼香をします。
焼香が終わると参会者でお墓参りをするというのが一般的となっています。
また、法要の後は、精進落としの料理をふるまうために会食の席を設けておくようにします。

参会者のマナー

法要の招きを受けた場合は、余程の理由がない限り出席するようにしましょう。
お招きいただくということは、「一緒にご供養をお願いしたい」というご遺族の強い思いが込められています。
特に亡くなって間もない場合はできるかぎり出席をして、故人の方をご供養するとともに、ご遺族を温かく励ますことを心掛けることを忘れないようにしましょう。